2016年1月13日水曜日

食の安全に「国際標準」導入を義務化へ…厚労省

食の安全に「国際標準」導入を義務化へ…厚労省

何やら、食品衛生管理の国際標準であるHACCP(ハサップ、危険度分析に基づく重点衛生管理)の導入が国内で実施されていく方針となったよう。

HACCP(ハサップ)とは


東京五輪を数年後に控え、食の国際基準導入の必要性が高まっているという事ですね。

厚労省ではHACCP(ハサップ)に取り組む企業の公表を行っていく「HACCAPチャレンジ企業」という企画も実施するようです。

厚労省 HACCP(ハサップ)に取り組む企業の公表

食の安全は今後さらに大切になってきます。

料理を作る水も同様。

水の世界基準である純水、さらに注目度が高まりそうです。

蛇口の水から純水が作れる純水器、「スーパーピュアウォーター匠

0 件のコメント:

コメントを投稿