2015年8月7日金曜日

水の安全性

水の安全性

日本の水道水はそのまま飲む事が出来るという事で、世界的に見ても安全な水と言える状況ですが、それでも水に対する不安を感じる方が増えて来ており、飲むのはペットボトルや宅配の水という方も多いようです。

特に大きなきっかけとなったのは、福島原発事故の放射能問題ではないでしょうか。

発表されている事と真実が違う etc・・。

例え大丈夫だと言われている事であっても、それを鵜呑みにせずにまずは自分が納得するまで疑ってみる、という風潮が原発事故以来に特に強くなったようです。

ともかく、自分自身で身を守る意識を持ち、実行していく必要があるようです。

水の安全性については、不純物が少ないほど安全な水という事が出来ると思いますが、一般的な浄水器では殆ど不純物を除去する事は出来ない、と多くの人が気付き始めています。

その為、水の不純物を分子レベルで除去するRO膜を使った製品に注目が集まりつつあります。

RO膜(逆浸透膜)を内臓した純水器なら、水の不純物を除去し、殆ど水の分子だけとなった水「純水」が利用できます。

測定器でも違いが明らかに分かるRO膜の水の不純物除去性能は、水の安全を考える方に最適です。

水は不純物が少なくなればなるほど純度が高くなり、より高品質な水となります。

世界最高水準で水の安全性を求めるなら、RO膜内臓の純水器です。


0 件のコメント:

コメントを投稿