2015年8月26日水曜日

気になるカルキ臭を除去可能なもの

この季節のカルキ臭

暑い季節は雑菌が繁殖しやすい為、水道水などは通常よりも多い塩素を加えて供給されています。

これは殺菌の為に必要な事とはいえ、塩素の匂いが気になってしょうがないという方も少なくありません。

塩素の匂いを消す為、広く知られているのが活性炭です。

活性炭は表面のごく小さな穴に塩素分子をひっかけてからめ捕るので、塩素臭を抑えるのに良いとされています。

しかし、この仕組みにも少し注意が必要です。

からめ捕られた塩素分子は活性炭表面に繁殖する菌類により分解されます。

たとえ塩素臭が取れたとしても、活性炭表面に繁殖した菌類が剥がれて出てきてしまう事も考えなくてはいけません。

菌類のサイズは1μm前後となりますので、通常の浄水器に使われているろ材ではろ過は不可能です。

RO膜はこれら菌類は勿論、分子レベルで水の不純物をろ過してくれますので、ほとんど水の分子だけとなった水を利用する事が可能です。

これからはRO膜を採用した純水器です。

0 件のコメント:

コメントを投稿