2015年8月3日月曜日

頭が痛くなってからでは遅い! 熱中症対策

頭が痛くなってからでは遅い! 熱中症対策

熱中症について、今シーズン二本目の記事になりますが、やはりと言うか、病院搬送された等のニュースが今非常に多いです。

熱中症の初期症状は、「何だか頭が痛い」などが現れます。

これが出たという事は、すでに水分不足という事になりますが、とにかく水分を補給して暫く涼しい場所で休みます。

熱中症では命を落とす事もありますので無理は厳禁です。

この時期はとにかく、事前に水分を充分に補給しておく必要があります。単に水を飲むだけだと、すぐに汗などで体外に排出されてしまうので、食事の際は汁物などを意識して摂るのが保水効果の面からも良いようです。

そして途中で飲むものは水が最も良いのですが、普段とは比較にならない程の汗が出ますので、塩など電解質を少し溶かした水が良いようです。

天然マルチミネラル液の不動源水なら、水1リットルに対して本品4~20ml程度を溶かして飲むと、汗とともに失われるミネラル群(電解質)を効率良く補給出来ます。



0 件のコメント:

コメントを投稿