2015年6月24日水曜日

井戸水のろ過にも最適な純水器

井戸水のろ過にも最適な純水器

水道水に比べ、井戸水は経済的だとよくいわれます。

水道水は通常、1000リットルごとに課金される仕組みとなりますが、井戸水の場合に掛る経費はくみ上げモーターの電気代くらい(滅菌装置を利用している所はその費用も)で、水自体は無料です。

しかし井戸水の水質は、たとえ検査でOKであっても季節や天候によって変化したり、周辺からの汚染を受けやい、検査自体も水道水と比較して検査項目自体が大変少ないという現状があります。

この為、全くの手放しで井戸水を使用する事に不安を感じ、料理には井戸水は使わないという方も少なくないようです。

このような、水質に心配な井戸水であっても、純水器を使えば内臓されている逆浸透膜(RO膜)により水に溶け込む不純物を分子レベルで除去し、本当に安心安全な水「純水」として使用する事が可能です。

井戸というせっかくの水資源を、本当に安全な水として利用できる純水器は井戸のある場所の必需品といっても過言ではありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿