2015年6月23日火曜日

水に含まれる不純物が少ないほど高品質な水になる。

水に含まれる不純物が少ないほど高品質な水になる。

少し前まで、いや今もですが、ボトル詰めされた「天然水」が安全で高品質だともてはやされ、多くの方がお金を払って蛇口の水よりはるかに高い水を買っている状況が続いています。

しかし今後は、水に含まれる不純物が少ない水ほど高品質、との認識が広まっていくと考えられます。

水は不純物が少なくなるほど純度が高く、不純物が除去されほとんど水分子だけとなった水を「純水」といいます。

「純水」は、現在は「赤ちゃんの水」などの商品名でドラッグストアなどで目にする事が出来、また「純水使用」と表示を行う飲料品も増えつつあります。



そして、水の不純物を本当に除去するには一般的な浄水器は殆ど役に立たない、という事に多くの人が気付き始め、分子レベルで水の不純物を除去出来る逆浸透膜を使った浄水器(純水器)に注目が集まり始めています。

純水器があれば、わざわざお金を出して高い水を買う必要は無く、高品質な水「純水」を存分に使う事が可能です。

0 件のコメント:

コメントを投稿