2014年5月16日金曜日

うつ病 原因 予防

うつ病 原因 予防

最近、よくニュースに上る事も多い「うつ病」。

うつ病は大きな社会問題となってきています。

うつ病のはっきりした原因はまだよくわかっていませんが、大きな原因としては、ストレスの多い現代社会が大きな影響を及ぼしている為だと言われています。

うつ病になると、脳内神経伝達物質の働きが阻害されて情報伝達がスムーズに行われないため、やる気が出ない・悲観的な感情になる・思考力が落ちる などの症状が現れます。

うつ病の解決策、予防策で一番良いのは、「ストレスのない生活をする」という事になりますが、こう都合の良い状況を実現する事はなかなか難しいのが現状です。

うつ病を改善する為には、神経伝達物質の働きを活性化出来れば良い、という事。

そして、手軽に神経伝達物質の働きを活性化する可能性を持つものがあります。

それはミネラルです。

ミネラルは根本的なカラダの基を作っているものですが、現代ではこれが不足・偏りが起こりやすいと言われています。

そこでミネラルを積極的に摂取する「ミネラル療法」が注目されて来ています。

ミネラル療法とは、花崗岩風化物から抽出した天然マルチミネラル液を、カラダに最も効率良く摂取出来る濃度に希釈したものを一日数回飲み、不足しがちなミネラルを充分カラダに行き渡らせてカラダ全体の細胞を活性化していこうという療法です。

ミネラルはカラダのあらゆる細胞を活性化しますので、脳内の神経伝達物質の活性化も期待出来ると思われます。


ミネラル療法は手軽に行え、現在ではミネラル療法に関する書籍も様々出版されています。


天然マルチミネラル「不動源水」は、花崗岩風化物抽出液を原料としてつくられています。

0 件のコメント:

コメントを投稿